読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パッチワークス活動記録 | 愛媛劇団

愛媛県松山市を中心に演劇活動する劇団です。2017年5月CTTセレクション松山参加。2017年5月27日/28日第3回本公演「η(エータ)」

【稽古見学お待ちしています!】パッチワークス本公演・CTTの稽古日程のお知らせ

パッチワークスでは現在、


○5/13・14に行われるC.T.T.セレクション「O(オミクロン)」

○5/27・28の第3回本公演「η(エータ)」


の稽古を行っております。

 f:id:patch-works-mk:20170414174404j:plain

f:id:patch-works-mk:20170414174419j:plain


パッチワークスとしては稽古はたくさんの方に見ていただいたり、参加していただくことで

より稽古の時間が楽しいものになると実感しています。


なので、稽古見学大歓迎です!

お待ちしております!


4月は下記日程で稽古予定です。


場所:シアターねこ


C.T.T.稽古 毎週火曜 20:00〜23:00、土曜 15:00〜18:00(4/15は休み)

本公演稽古 毎週水曜・金曜 20:00〜23:00、日曜 15:00〜18:00、19:00〜21:00


古見学ご希望の方は、電話(09028287037)またはメール(muko5512@i.softbank.jp)、

SNStwitter/facebook)に一報いただければ幸いです。


皆様のご参加、お待ちしております!!

【チケット団体割引開始!】パッチワークス第3回本公演「η(エータ)」団体割お申込み方法について

こんにちは、今年度からちょっとだけエイプリルフールが好きになりました。

パッチワークス主宰の村山です。


4/1よりシアターねこ及び下記予約フォームより本公演のチケット予約を開始しました。

【予約フォーム】https://goo.gl/hVXQdX


今回一団体、一グループ5名以上でチケットをご予約いただくと団体割りとして、

1名1,000円でチケット販売いたします!

※異なるステージであっても可


ぜひ友達、仲間をお誘いいただき団体割をご活用ください!


【団体割お申込み手順】

1.メール(patch.works.mk@gmail.com)に件名「本公演団体割申し込み」として、下記項目をご入力の上送信してください。


【団体・グループ名】:

※受付にて団体割適用の際、伺いますので団体・グループ名、もしくは代表者のお名前をお願いします。

【代表者名】:

【連絡先(TEL)】:

【連絡先(メール)】:

【申込み人数】:

【来場日時・枚数】:

(入力例:05.27(土) 15:00 1枚 /19:00 2枚  /05.28(日) 14:00 1枚 /18:00 1枚)


2.パッチワークスにて内容を確認後、受付完了メールを返信いたします。

※受付完了メールにて申し込みが完了になります、ご留意ください。


3.当日会場受付にて団体割料金をお支払い、ご入場・観劇ください。


ご不明な点、お問合わせは下記までご連絡ください。

TEL:09028287037(受付時間:19:00〜23:00 村山)、Mail:patch.works.mk@gmail.com

ご予約、お待ちしております!


f:id:patch-works-mk:20170403121458j:plainf:id:patch-works-mk:20170403121509j:plain

パッチワークス第3回本公演「η」-エータ- 公演情報を公開いたします。

パッチワークス第3回本公演「η」-エータ-
Alternative World Potentialities

f:id:patch-works-mk:20170319094724j:plain

f:id:patch-works-mk:20170319094740j:plain

これは「物語」に殺された
「僕」と「私」と「世界」の物語

作・演出:村山公一
公演企画・制作:パッチワークス

【あらすじ】

雪が降る。冷たく不快な雪が降る。
僕は倹約で枕いらずの御病人のために雪をならし血を隠している。
私はらくだの背を折った最後の1本の藁が積み重なる瞬間を眺めている。

1860年3月24日、雪が降っていた。
2011年3月15日、雪が降っていた。

「なぜ僕じゃいけないんですか」
「なぜ私じゃないんですか」

非承認と承認、分かり合えなさと分かり合えたかもしれない勘違いの山が
この世界をこの国を押しつぶしている。むしろもう潰れていたのかも。
建前と面子が僕の怒りを押しつぶす。
善意と無知が私の希望を押しつぶす。
なんでとどうせが繰り返す、自己嫌悪と卑屈さの自己憐憫。
僕は、私は、世界に選ばれることはない。

これは物語に殺された僕と私の物語。

【公演日時】
2017.05.27(土) 15:00/19:00 /05.28(日) 14:00/18:00

【Cast/役者一覧】
忽那一樹(シカスカル/劇団まんまる)、久保山玲奈、黒田早希(秘密結社S.A.G)、
児島佳南(松山大学落語研究部)、杉本恭、田村翔大、中谷唯織、浜口 慶夫(劇団狩潔亭(仮))、林幸恵、宮本佳苗、村山公一 他

【Staff/スタッフ】
舞台監督・制作:村山公一
音響:吉木航平
制作協力:乾葉月、山中晋介、三浦桃佳(秘密結社S.A.G)
Design・広報協力:川本洋子

【会場】
シアターねこ(愛媛県松山市緑町1丁目2-1)

【料金】
前売り 一般:1,500円 学生:1,200円
当日  一般:1,800円 学生:1,500円

【予約方法】
●予約方法1.WEB予約
下記アドレスより予約フォームにご入力ください。
シバイエンジン-prism-webフォーム

●予約方法2.メール予約
○件名を「パッチワークスチケット予約」とし、patch.works.mk@gmail.com宛にお名前・券種・枚数・来場日時を
ご記入の上、お送りください。予約完了メールを2日以内にお送りいたします。予約完了メールが届かない場合は
お手数ですが、090-2828-7037(村山)までご連絡ください。

ご予約に関する注意事項
※メール受信設定でgmailを受信拒否でないことをご確認ください。
※ご予約内容に変更もしくはキャンセルの場合はご連絡のほどお願い致します。
※チケットは公演当日、受付にて精算、お渡しいたします。ご予約の際のお名前を受付担当者にお伝え下さい。

【お問合せ】
TEL:090-2828-7037(担当/村山)
mail:patch.works.mk@gmail.com

パッチワークスblog:
http://patch-works-mk.hatenablog.com/

twitter
@mura67586482

facebook
https://www.facebook.com/patchworks13/

パッチワークス劇団員募集について(2/20更新)

パッチワークス劇団員募集について(2/20更新)

 

パッチワークスでは劇団員(作家・演出・役者・スタッフ)を募集しています。

自身の所属団体を持ったままでの入団も大丈夫です。

経験・未経験問わず一緒に創作できる方のご応募お待ちしております。

 

【団体コンセプト】

どのような環境・立場・職業・属性であっても参加し、楽しめ、発表できること

 

【劇団員の定義】

創作機会としての公演作りを一番近くで、一番最初に話ができる方との関係性を表す言葉

 

【お問い合わせ】

電話(村山宛):090-2828-7037(受付 平日:19002300 土日祝日:9002300

メール:patch.works.mk@gmail.com(PC)muko5512@i.softbank.jp(携帯)

 

【パッチワークス2017年今後の予定(見込み)】※2/20現在

 

2017.5 CTTセレクション

2017.5 第3回本公演「η(エータ)」

2017.8 短編発表

2017.9 CTT参加「K(カッパ)」

2017.10 短編公演見込み「ν(ニュー)」

2017.11 第4回本公演「Δ(デルタ)」

2017.12 劇王Ⅴ「0サイファ)」※出られたら

 

※それぞれ参加募集を行います。劇団員の都合により参加可否を都度伺います。

※参加強制はありません。

 

【よくあるご質問】

 

Q1.劇団費、月謝などはありますか。

A1.ありません。劇団に所属することによる金銭負担はありません。

 

Q2.自分の団体を持ったままの所属、活動は可能ですか。

A2.大丈夫です。ご自身での公演企画、客演などにおいて事前にご相談いただければパッチワークスとして全面協力いたします。その際のクレジットは「○○(ご自身の団体名)制作協力パッチワークス」になります。劇団員の創作活動を一番最初に知りたく、一番最初に応援したいと考えています。

 

Q3.制作協力とは何を指しますか

A3.「創作発表機会を作る」ことです。作、演出、役者、スタッフ、それぞれの役割職能希望時間に合わせて「公演」を作ります。所属された方にパッチワークスは制作協力する、制作劇団です。

 

Q4.

年齢制限はありますか

A4.基本的にはありません。

未成年者は保護者の同意を得てください。

18歳未満の方は夜稽古の場合の送迎手段について相談の上、2200までの参加になります。

 

その他随時更新予定です。

 

広島ジャンゴ感想「それでも」の先、の物語。

広島ジャンゴ感想「それでも」の先、の物語。


バナージ「分からない。俺には分かりませんよ。でも、分からないからって、悲しいことが多すぎるからって、感じる心を止めてしまっては駄目なんだ。」


f:id:patch-works-mk:20170220123217j:plain


機動戦士ガンダムUC episode4「重力の井戸の底で」(映像特典付)(セル版)


僕の好きなガンダムUCの劇中、ジオン残党が市街地で報復虐殺を行い、そのどうしようもなさを

語る大人に対し、主人公バナージが言った台詞です。


先日見た広島ジャンゴで、僕はどうしようもなく、どうにもならない、ひと匙の救いや変化すら

おそらく飲み込まれてしまう現実の中で「それでも」ともがく人たちの生き方を感じました。


同調圧力、シングルマザー、過労死、地方の閉鎖性、そんな今。

暴力、理不尽、過酷な環境、性、死、むき出しの欲、そんな西部劇。


結局どこにいってもどこまでいっても人間なんて変わらないんだという絶望と。

結局どこにいってもどこまでいっても人間は必死にそこで生きてもがくという現実と。


「それでも」人間は絶望と現実のその先を求めずにはいられない業だったり、普遍的な在り方が、

この広島ジャンゴの中から感じました。


登場人物それぞれに「そうある」事情と理由があります。


利権を独り占めし、「自分の」街と宣う町長にも。

酒、女、暴力、を率直に求めるチンピラ3人にも。

世間のいやらしさ、変節、そうせざるを得ない弱さを持った娼婦たちにも。

崇高な理念を持った父親、慈愛に満ちた母親、その変節を受け入れられない純潔な娘、それぞれにも。


たぶん木村のお姉さんを追い詰めた会社の人たちにも。


誰も彼もが必死に生きて、価値観を暴力を気持ちを言葉をぶつけあって傷つけて殺し合って絶望して期待して裏切られて裏切って愛し合って、それぞれの「我が意」をここで生きていると示すためにぶつけ合わざるを得ない地獄のような今を描いた作品だと思いました。


その地獄だからこそ、ひと匙の救い、最後の山本さんと木村さんが話すことに観客は僕は「それでも」明日を生きていこうという力をもらえるのだと信じています。


「感じる心を止めてしまっては駄目なんだ」


終演後、泣きながらそんなことを思いました。


とてもいい時間でした。観に行けて本当によかったです。

来年も観に行きます。ありがとうございました!


(追記)


工場長が炎のストッパー津田恒実、背番号14のユニフォームを来ていたこと、そしてその工場長の写し身である町長が井戸堀りに命をかけた人々に対しての思い、誇りや尊厳を示したのは彼らだけだったと怒りや世間への侮蔑、絶望、自身の在り方を叫んでいたことから僕は津田恒実の生き方、最後の登板を思い出し、感じ、泣きました。工場長、町長の在り方から津田恒実への様々な思いを作品から僕は受け取りました。


(追記2)


声を出して泣いた木村さんのお姉さんの一人台詞。そして戦えなかった過去を救う、最後の銃撃戦での戦い。

あの台詞を自分の言葉として舞台で聞けたのは僕のこれからにとってとても大きな時間、出来事でした。


(追記3)


悪人3人組がすごすぎて好きすぎる。どうやればアレ出来るんだ。どれだけ精神削る作業したんだ、どうやってあそこまで自分たちを作り込んで染み込ませて「自分のもの」にしたんだ、どうやるんだ、ただっただもうアレでこれで敗北感というか打ちのめされた、本当に打ちのめされました。2時間「悪人として捉えられる」必然性のある人間として居続けるためにどうやったのかすんごい聞きたい。


(追記4)


意外に松山-広島間、車だと近いよ。(片道3時間ちょい)

【パッチワークス本公演参加におけるよくあるご質問】※2017.2.13更新

【パッチワークス本公演参加におけるよくあるご質問】※2017.2.13更新


2017年5月27日/28日 第三回本公演「η(エータ)」の役者・スタッフを募集します。

説明会を2/16(木)、22(木) 20:00〜22:00 シアターねこで行います。

説明会参加ご希望の方は、

電話:09028287037(受付平日19:00〜23:00、土日9:00〜23:00)

メール:patch.works.mk@gmail.com

までご連絡よろしくお願いします!お問い合わせ、お待ちしております!


Q1.チケットノルマはありますか。

A1.役者/スタッフにチケットノルマはありません。


パッチワークスではチケットノルマはありません。

創作過程で作品をよりよくしていくのと同時に参加者の「見てもらいたい」という気持ちを

育てられるよう一緒に楽しんでいただければ嬉しいです。


Q2.参加条件はありますか。

A2.パッチワークスの作品を見たことがある、(未見の方は)台本を読んだ上でやりたいと思っていただける方。


過去作品未見の方は台本(PDF)をお送りします。

読んでいただき、それでもやりたいと思っていただける方、すごい嬉しいです。一緒にやらせてください。

経験・未経験問いません。一緒に試行錯誤させてください。

未成年者の場合は保護者の許可を得てください。

青少年保護条例に定められた通り、18歳未満の参加者は22時以降の稽古参加を禁止します。


Q3.参加費など金銭負担はありますか。

A3.公演企画キックオフ時に一時金をお預かりします。公演終了精算時に全額返金いたします。


お預かりした一時金は公演予算一時支出および

参加者の公演参加時の傷害保険・イベント保険に使用します。

使用用途は予算表を提示、会計報告を行います。

公演終了後、どのような状況・環境であっても全額返金します。

詳細は説明会時に解説いたします。


Q4.稽古はどれくらいありますか。

A4.基本的に週2回、本番月は週4回行います。


稽古日程・曜日に関しては参加者のご都合にあわせて調整し、決定します。

基本的に時間は基本的に夜20:00〜23:00、場所はシアターねこです。


Q5.公演のかけもちは可能ですか。

A5.可能です。


基本的にパッチワークスでは役者・スタッフの他公演・創作・企画のかけもちでの参加は可能です。

ただし、かけもち先・所属団体に必ず連絡または参加許可を事前にお願いします。

稽古日程に関しては相談の上調整させていただきます。(本番前リハーサル※ゲネ、本番日の参加は必須)

参加者と関連団体、双方の創作活動において一番楽しめる形を模索するため、ご協力・調整をお願いします。


※随時追記予定です。質問問い合わせお待ちしております。


今週末はCTT松山!パッチワークス参加します!

こんにちは、パッチワークスの村山です。


昨年末パッチワークスに劇団員が2名増えました。

本公演や四国劇王で座組みに役者として関わってくれた、宮本佳苗さんと乾葉月さんです。


パッチワークスの2017年はこの3名でスタートしています。


2017年最初の活動は、C.T.T.松山vol.19に参加します。

2015年に上演した「Λ(ラムダ)」と新演出・新キャストで大きく生まれ変わった、

「Re:Λ(リファインラムダ)」という作品で臨みます。


f:id:patch-works-mk:20170201181530j:plain


ガンダムに例えるとZガンダムリ・ガズィリゼル位違います。

もうものすごい違いです。大好きです、リ・ガズィ


僕はいっつも本番が近づくと口癖が「こえーちょーこえー」になります。

どんどん完成度の高くなる、テンションがあがる稽古場を見ながらこんなに好きなのに

これがどう見えるんだろうという不安から怖さがよく口に出るようになります。


今回の口癖は「すげー、ちょーすげー」です。

もどかしくて楽しくて悩んで頭がふにゃふにゃするような座組み一人ひとりの試行錯誤が

いっぱいいっぱい詰まっている時間を過ごせています。

怖がるより先に一歩でも一個でも試行錯誤しなきゃ振り落とされそうなドライブ感が稽古場にあります。

めっちゃ必死です、いろんなもの総動員で楽しみながら当事者でいたいと思う場所です。

すげー、ちょーすげー。


見てほしいです。


チケットのご予約・お取り置き、承ります!

メッセージ、コメント、個人LINE、案内させていただくと思います、

ぜひご都合がよろしければぜひ!よろしくお願いいたします!


【C.T.T.松山概要】

f:id:patch-works-mk:20170201181558j:plain

f:id:patch-works-mk:20170201181611j:plain

(日時)2017/2/4(土)18:30〜 2/5(日)13:30〜

※開場は開演の30分前です。※各作品は30分以内。

※終演後、合評会(参加自由)と投票を行います。


(場所)シアターねこ(愛媛県松山市緑町1-2-1 和光会館内)

※駐車場はございません。お近くの有料駐車場をご利用下さい。


チケット(上演協力金):一般1000円/高校生以下500円


【Re:Λあらすじ】

「私」は依存した、もたれかかれるものになんでももたれかかった。

「私」は依存した、依存される私に依存した。


一人で立てない「私」と自分の重さを感じられない「私」は安っぽいBLのように言葉と役割を求め合う。


「私」は知りたい。


なぜそうあるのか、かくあるのか、どんな気持ちなのか。

どんな気持ちでならそこにいていいのか。

「私」はここで言葉と役割を重ね合う。


これは半径5mの「私」たちと直径12.742kmの「どこか」の話。


【Re:Λ役者・スタッフ】


演出:宮本佳苗

作:村山公一


生部喜子/乾葉月/木邨明恵/成田彩貴/林幸恵/渡部愛永

中川遥(演出助手)/村山公一(制作・音響)