パッチワークス活動記録 | 愛媛劇団

愛媛県松山市を中心に演劇活動する劇団です。2017.9.カブフェス、2017.10.県外上演。

【次回上演】パッチワークスは蛸蔵ラボvol.4にて参加上演いたします。

【次回上演】パッチワークスは蛸蔵ラボvol.4にて参加上演いたします。


こんにちは、パッチワークスの村山です。


この度、10/14.15に高知県蛸蔵で行われる「蛸蔵ラボvol.4」に参加上演いたします。

今までスタッフや観客としてとてもいい時間をもらってきた蛸蔵で上演できるのがものすごく楽しみです。


高知の皆様、宜しくお願い致します!!!


パッチワークス上演作品「0(サイファ)」


作:村山公一

演出:宮本佳苗

出演:木邨明恵、西尾香穂、宮田郁奈

制作:原田なぎさ(愛媛大学演劇部)


(あらすじ)

大人になりたくない私は子供らしくあろうとする。大人のなり方がわからない私はいつの間にか大人と呼ばれていた。どういう風にみんなは「大人」をやっているのだろう。「私」はお母さんを「私」は娘を問いを通じて向かい合う。テレビは今日もあるべき国民の姿を私たちに教えてくれる。私たちはどこにいけばいい、一緒にいくのか、一人で向かうのか。どこにもいけない私達はどこかに向かって今日も歩く。そんな、私達の記録。


【サイトより引用】http://yoshida-works.undo.jp/?p=666


高知演劇ネットワーク演会プレゼンツ 演劇実験空間 蛸蔵ラボvol.4


公募により集まった県内外の劇団やユニット、総勢10組による、交流とスキルアップ、そして演劇の可能性を追求することを目的に開催する2日間。

この実験空間で新たな才能の芽生えに立ち会うか?

おなじみの劇団が本公演とは違う意外な面をさらけ出すか?

県外勢も大挙参加して、さらに盛り上がること必至の第4弾!


■日時

10.14(土)17:00open 17:30start

10.15(日)14:00open 14:30start


■会場

蛸蔵

780-0074 高知市南金田28

http://warakoh.com/theater


[料金]

公演日指定

一般前売り 1,500 円

学生前売り 1,000 円

(当日券は各 500 円増し)

※未就学児の入場はお断りします


[前売り券販売所]

かるぽーとミュージアムショップ/美術館ミュージアムショップ/藁工ミュージアム KIOSK


[主催]

高知演劇ネットワーク演会


[協力]

NPO 蛸蔵


[お問い合わせ]

高知演劇ネットワーク演会(吉良)

080-3165-6889

tacogura.labo@gmail.com


f:id:patch-works-mk:20170912184141j:plain







パッチワークス、カブフェス2017に参加させていただきました。ありがとうございました。

パッチワークス、カブフェス2017に参加させていただきました。ありがとうございました。


こんにちは、パッチワークスの村山です。


先週9月9日・10日、香川県高松市玉藻公園内披雲閣にて行われた「マエカブ演劇フェスティバル」(カブフェス2017)

に参加させていただきました。


f:id:patch-works-mk:20170911175506j:plain


f:id:patch-works-mk:20170911180321j:plain

 

ご来場いただいたお客様、パッチワークスをご覧頂いた方々、参加をご了承いただき、かつ様々な点でサポートしていただいた

株式劇団マエカブの皆様、運営スタッフの皆様、様々な話をしてくれ、聞いてくれた他劇団の皆様、そして同じ座組みで創作した、

木邨明恵さん、上松知史さん、宮本佳苗さん、関わってくれたみんな、本当にいい時間、代えがたい時間をもらいました。


本当にありがとうございました!!!!


はじめて上演側として参加した、カブフェス。

楽しむこと楽しませること、運営・上演・観客がそれぞれの立場が溶け合った、1日それそのものが一つの演目のような時間と空間にいさせてもらえた気がします。居心地のいい、あっという間の時間でした。


その居心地の良さを作ってくれた、その空間への没入感をより深めてくれた諸所の心遣い、自分のところだけではなく他のところも見てもらいたくなる、出来ればもっとたくさん見て欲しくなる、「(楽しいと自分たちが信じている)演劇というものをもっと楽しんでください」という気持ちで満ちた場所・空間でした。


その一部になれたことが嬉しいです。


そして今回「P(ロー)」では最後まで粘り強く僕に付き合ってくれた上松さん、台本を読んで読んでさらにもっと読んで何度も何度も話し合った宮本さん、同じシーンに対し一緒に悩み続けてくれ、そして披雲閣1回目の後、お互いの演出や修正点について話し合いをしてくれた木邨さん、この3人との稽古の時間は楽しさ苦しさもどかしさに達成感いろんな感情の詰まった時間でした。


もう一本の「Q(クー)」、作演出の木邨さん。台本を読む楽しさを教えてくれました。

こうまで台本は読めば読むほど違ったものが見えて楽しいんだということを頭ではなく心で納得させてもらえた気がします。


上松さんは10/28・29にcoup companyさまの公演、宮本さんは演出、木邨さんは役者として蛸蔵ラボに参加とそれぞれ次に向かっています。僕はカブフェスでこの3人がすごい好きですごい見て欲しいという気持ちがありました。


この3人をぜひこれからも見てくれたら僕がめちゃくちゃ嬉しいです。


そしてパッチワークスもここでもらったたくさんのいい時間を元に次に向けて創作します。

よろしくお願いします。本当にありがとうございました。


パッチワークス主宰

村山公一

【パッチワークス活動報告】劇団シアターホリック第24回本公演シアホリ連作プロジェクト2017『孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方』のポストパフォーマンストークに参加します。

【パッチワークス活動報告】劇団シアターホリック第24回本公演シアホリ連作プロジェクト2017『孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方』のポストパフォーマンストークに参加します。


こんにちは、パッチワークスの村山です。


今回、高知県で活動中の劇団シアターホリック様の第24回本公演『孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方』にポストパフォーマンストークで参加させていただくことになりました。


シアホリ連作プロジェクト2017の一作目第23回本公演 『サド侯爵夫人』を高知で見た時、帰りの車中で「すごい、ただっただすごい、すごい、すげー、もうすげー」と言わずにはいられなかったのでものすごく嬉しく楽しく光栄な気分でいっぱいです。


テーマが「衒学的サド侯爵の夜を村山公一さん(パッチワークス:愛媛)と共に」ということで、

衒学的にチョコレート中毒者みたいなところを喋るのかどうなのか、公演の一助になれるよう頑張りたいと思います。


この公演は愛媛松山/高知の2都市公演です、ぜひ見てほしいです。

よろしくお願いします!!


f:id:patch-works-mk:20170907130802j:plain


【公演概要】

劇団シアターホリック第24回本公演

シアホリ連作プロジェクト2017

『孤独、あるいはマルキドサドに学ぶ幸せな人生の過ごし方』


作、演出、出演:松島寛和

制作:劇団シアターホリック

制作協力 パッチワークス(愛媛)

劇団Unit out(愛媛)


【松山公演】

場所:ギャラリー花ゆう

住所 松山市花園町五ー六

花正ビル2階


2017年10月22日(日)

[1回目]15時開演

[2回目]18時開演


【高知公演】

場所:メフィストフェレス2階ホール

〒780-0841 高知県高知市帯屋町2丁目5−23 大橋通り商店街西詰


2017年

11月21日(火)[1回目]19時開演

11月22日(水) [2回目]18時30分開演

11月27日(月) [3回目]18時30分開演★

11月28日(火) [4回目]18時30分開演

(週をまたぎます。また日によって開演時間が異なります。ご注意ください)

★27日の公演終了後にポストパフォーマンストーク

「衒学的サド侯爵の夜を村山公一さん(パッチワークス:愛媛)と共に」

を開催いたします。


※全ての公演で開場は開演の30分前です。

※松山、高知ともに会場に駐車場はございません。なるべく公共の交通機関か、近隣のパーキングをご利用ください


【料金】

一般前売1,500円/一般当日2,000円

※学生1,000円/学生当日1,500円(高知県立大学生協ショップか劇団での取り扱い/当日受付にて学生証の提示をお願いします)


【チケット取り扱い】(発売前です/発売開始の際は順次ご案内致します)

e+チケット、高知県立美術館ミュージアムショップ、高知県立大学生協(永国寺)


[e+イープラスでチケット購入が可能です!]

PC/携帯: http://eplus.jp

直接購入:セブンイレブンファミリーマート


【後援(高知)】

RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知高知新聞社、高知シティFM


【お問い合わせ】

メール theater.holic.2004@gmail.com

Facebook facebook.com/theaterholic.2004

Twitter @theater_holic

Lineシアホリ公式Lineはじめました。劇団からメッセージが届きます。

お友達追加はこちらから@wan6786d

【カブフェス9/9・10!いよいよあと2日!】カブフェスでパッチワークスの見て欲しいところについて

いよいよ9/9・10のカブフェスまであと2日!

旅のしおりや行程表、見る順番にお泊りグッズ、夜はカブフェスのことをふにふに考える時間が増えてます。


今回パッチワークスは香川県の劇団、株式劇団マエカブ様が主催される演劇フェスティバル「カブフェス2017」に木邨明恵さん、上松知史さん(World Wide Works)、宮本佳苗さんと一緒に参加します。


公式サイトはこちら(チケット購入もできます!)

http://maekabu.main.jp/kabufes/


【「P(ロー)」/「Q(クー)」2作品上演】

場所:桐の間1

9月 9日 14:30〜15:00/17:00〜17:30

9月10日 10:30〜11:00/14:30〜15:00


「P」は秘密のある家族と問いを提示する舞台を僕が作り、木邨さんの作品「Q」はとある夏の日におきた小さく大きなゆらぎと変化が描かれた作品だと感じています。


パッチワークスの見てほしいところは参加してくれている座組みの3人です。


f:id:patch-works-mk:20170907125159j:plain

f:id:patch-works-mk:20170907125251j:plain


台本と稽古場に真っ直ぐに、そして「自分の考えるよりよさ」に向けて思考を止めない、

誰よりも稽古場の空気や雰囲気、そして「いい作品」を作るために必要なものを常に稽古場に持ってきてくれる、上松さんを見に来てほしいです。


台本の一言、一文に考え悩み、作家に問い、そしてまた自問自答する、

膨大な思索の時間と積み重ねから演技プランやビジョンを常に自分から提案し、刺激的な稽古場を作ってくれる、宮本さんを見に来てほしいです。


「その人であること」に強くただ強く粘り強く向かい合い、何度も何度でも役者に対峙する演出、

一瞬一瞬の積み重ね、微細な変化を丁寧に紡ぎ続ける作品、そして役者としては強い引力を発する感情を抱く、木邨さんを見に来てほしいです。


この3人「だからこそ」を積み重ねてカブフェスに参加します。

会場、玉藻公園内披雲閣にてお待ちしております。

ぜひ宜しくお願い致します。


パッチワークス主宰

村山 公一

【パッチワークス】稽古見学大歓迎&2018年の活動を一緒に楽しむ仲間を募集します。

【パッチワークス】稽古見学大歓迎&2018年の活動を一緒に楽しむ仲間を募集します。


こんにちは、全盛期とくらべて約6割程度の回復でテンションが高くなっています。

パッチワークスの村山です。


パッチワークスの2018年度活動を一緒に行う仲間を募集します。


2018年パッチワークスは2回の本公演、東京ならびに県外での上演を予定しております。

※6~7作品上演予定


チケットノルマ・参加費などの費用負担は基本的にありません。

その他不明点などありましたらぜひどしどしお問い合わせ下さい!


【2018年本公演作品「F(ディガンマ)」あらすじ】


図書館の自由に関する宣言 第4 図書館はすべての検閲に反対する より

『図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。」


2010年3月、ある男性が逮捕された。


私は彼がしたことを理解できなかった。

私は彼がしたことを例えて理解した気になった。

私は彼がしたことをわかったふりをした。

私は彼がしたことを常識という言葉で切り捨てた。

私は彼がしたことを冷笑した。


私たちは彼の声を聞こうとしなかった。


地方、都会、フリーランス、大企業。

わかりにくい説明は悪。

わかりやすい説明ができないことは愚鈍の象徴。


不信、不寛容、文化人からの後ろ弾。フレンドリーファイア。


これは敗北の言葉。敗北の物語。

負け続け、そして今も戦い続ける、図書館をめぐる戦いの記憶。


私たちは「分かり合えないこと」をわかり続けている。


図書館の自由を守る行動は、自由と人権を守る国民のたたかいの一環である。われわれは、図書館の自由を守ることで共通の立場に立つ団体・機関・人びとと提携して、図書館の自由を守りぬく責任をもつ。


【お問い合わせ】

TEL:090-2828-7037(平日18:30~23:00、土日祝祭日9:00~21:00)

mail:patch.works.mk@gmail.com

twitter:https://twitter.com/mura67586482 ※DM、リプでのお問い合わせ可能です!


現在下記予定でカブフェス(マエカブ演劇フェスティバル2017)の稽古を実施しております。

古見学大歓迎です!ぜひご覧いただき、空気雰囲気を感じていただければ!

見学ご希望の方はご一報のほど宜しくお願い致します。


【於:シアターねこ】

8/21(月)20:00~23:00

8/23(水)20:00~23:00

8/28(月)20:00~23:00

8/30(水)20:00~23:00

パッチワークスはマエカブ演劇フェスティバル2017(通称カブフェス)に参加します。

こんにちは、パッチワークスの村山です。

今回株式劇団マエカブさまより上演機会をいただき、
マエカブ演劇フェスティバル2017(通称カブフェス)に参加します。
過去観劇者として、スタッフとして参加させてもらったのですが、
純度の高い演劇空間が一日中、そして長時間、そして玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」すべてが劇場になるテーマパーク感がとても好きでした。
そして参加者として、上演者としてこの中に加われるのが嬉しいです。


他の魅力的な上演陣の詳細が見られる公式サイトはこちら

【公式】カブフェス|マエカブ演劇フェスティバル - 株式劇団マエカブ

パッチワークスは作・演出2名体制、2作品でカブフェスで上演を行います。
ぜひたくさんの方に見て頂き、交わり、お声をいただければ幸いです。
よろしくお願いします!

 

f:id:patch-works-mk:20170724202039j:plain

f:id:patch-works-mk:20170724202057j:plain

f:id:patch-works-mk:20170724202127j:plain



【パッチワークス上演概要】
作品タイトル:P(ロー)
作:村山公一
演出:村山公一
出演:宮本佳苗、木邨明恵、他1名

10年ぶりに帰省する娘。その帰りを待つ父親
2人には秘密があった。今も秘密が生まれ続けている。
自分はなにを語ればいい。
私はなにを語りたいのだろう。
ここには2人が残した日記がある。
2人の再会の前に読むか、再会の後に読むか。
家族とは秘密と妥協とすれ違いを思いやりでまぶし糊塗した偶像である。

作品タイトル:Q(クー)
作:木邨明恵
演出:木邨明恵
出演:宮本佳苗、村山公一、他1名

毎秒1cmの速さで移動する点P。
それを追いかける点Q。
ここには思い出などない。
ここにあるのは、ある男の言葉だけ。
点Pの軌跡を辿る点Qは、ある時点で点Pと一致し、やがて独自の軌跡を描いてゆく。
私たちには疑問があった。今も疑問が生まれ続けている。
なのになぜ、心が身体が反応するのかと。

【カブフェス概要】
●日程
2017年9月9日(土)10:00開場(10:30開演)〜18:00閉場
2017年9月10日(日)10:00開場(10:30開演)〜17:00閉場
※お好きな時間に入退場していただけます。再入場可。
※上演のタイムスケジュールは決定次第公開します。
●場所
香川県高松市玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」
香川県高松市玉藻町2番1号
●料金
[一般]2,000円 +おひねり制(★1)
[高校生以下]1,000円 +おひねり制(★1)
※チケットは2日通し券のみです。1日券はありません。
[チケット事前購入特典]前売チケットには玉藻公園への入園料が含まれます。
※小学生以下は保護者同伴でご来場ください。
※未就学児は保護者1名につき2名まで無料です。
→おひねり制(★1)とは? 各劇団・団体の上演をご覧いただいた方から、観劇後に「お気持ち」をちょっぴりいただくシステムです。 おひねりの額に決まりはありませんし、ゼロでも構いません。あくまで「お気持ち」でどうぞ!
チケットのご予約はこちらから!

mailform.mface.jp

【パッチワークス上演】第2回男芝居フェスティバル終了しました。ありがとうございました。

【パッチワークス上演】第2回男芝居フェスティバル終了しました。ありがとうございました。


こんにちは、パッチワークスの村山です。


先日7/12〜16まで開催された「第2回男芝居フェスティバル」にパッチワークス初の県外上演の機会を

いただき参加しました。


演劇祭を運営された委員会の皆様、数々の手配お気遣い配慮いただいた竹屋さま、演劇祭で共に作品を出し合った他団体の皆様、出演の忽那さん/zooさん/乾さん、衣装製作の中谷さん、松山リハを手伝ってくれた久保山さん、木邨さん、いろんな意見をくれた見学の方々、そしてご来場いただいたお客様、いろんな感情を一気に味わった、いい時間をたくさんいただきました。ありがとうございました。


いろんな気付きがありました。


ワーサルシアター近辺のゴミ箱をチェックし、劇場に関わると思われるゴミ(参加者/お客様)をよりわける運営の方、食事を取る時休憩する時必ず参加者に見えない場所で行い、演目に集中できる環境を作ってくれるスタッフの方々、一人ではなく運営の皆様がそうあること、それをやると浸透徹底できる組織力、そしてなによりすごく楽しそうに楽しく演劇祭を行っていたこと、とてもとても感動しました。すごい。


全ての演目が終わった後、交流会でお客さんや出演者の何人かの方と話す中で、「伝えることと伝わってしまうことを諦めてはいけない」ということを言っていただきました。

その方はパッチワークスの作品から「どうせわかってくれない」けれど「わかってほしい」という女々しさを感じたそうです。ある意味「男らしい」とも。

僕はその方の言葉を伝えたいなら「きっと伝わる」と全力で信じて、伝わってしまったことに対して怖がる前にそれを聞く、その両方を諦めないことだと受け取っています。


「伝える」には「伝えたい」と思うだけではなく「どうすれば伝わるのか」「その伝えたいことに対してベターな手法はなにか」「それを実践するためにどのような方法があるのか」もっともっと知って学んで実践して楽しんでいきたいと思いました。


もっともっと演劇したくなりました。


これからもいっぱい作りたいと思います。

パッチワークスを宜しくお願い致します。


f:id:patch-works-mk:20170718182145j:plain


パッチワークス主宰 村山公一