パッチワークス活動記録 | 愛媛劇団

愛媛県松山市を中心に演劇活動する劇団です。2017年5月CTTセレクション松山参加。2017年5月27日/28日第3回本公演「η(エータ)」

公演記録:第2回本公演「≒(ニアリーイコール)」

パッチワークス第2回本公演「≒」(ニアリーイコール)

 

f:id:patch-works-mk:20161103155835j:plain

f:id:patch-works-mk:20161103155823j:plain

f:id:patch-works-mk:20161103155839j:plain

f:id:patch-works-mk:20161103155831j:plain

f:id:patch-works-mk:20161103155847j:plain

f:id:patch-works-mk:20161103155859j:plain

 

【公演日時】
2016年10月29日(土) 13:30〜/16:30〜/19:30〜

【観客動員数】
147名

作・演出:村山公一

【Cast/Staff】
乾優希(Studio Emanon)、乾葉月、白鳥裕介(Unit out)
中川遥、林幸恵、福本美晴(秘密結社 S.A.G)、岡佑依
樫本栞(松山大学演劇部)、富田涼介、藤岡花(松山大学演劇部)
宮本佳苗(松山大学演劇部)、渡井宏美、渡部愛永(松山大学演劇部)

舞台監督/制作:村山公一
衣装原案:白戸七海(Unit out) / 森田結衣(秘密結社 S.A.G)
デザイン・広報協力:川本 洋子

【作品概要】
夢寛歩道後さまの円形舞台で行った第2回本公演。
いろんな挑戦をやらせてもらいました。楽しかったっ、、、!
作品のテーマは「分かり合えないこと」を「分かり合う」ことと
歩みを進めることで不可逆な世界、見過ごす見落とす見逃す世界の滅びです。
来年の本公演ネタ、「2011年3月15日の滅び」に関してセリフだけですが触れました。
来年の本公演につながる、すんごい楽しい公演でした。うひひ。