パッチワークス活動記録 | 愛媛劇団

愛媛県松山市を中心に演劇活動する劇団です。2017年5月CTTセレクション松山参加。2017年5月27日/28日第3回本公演「η(エータ)」

今週末はCTT松山!パッチワークス参加します!

こんにちは、パッチワークスの村山です。


昨年末パッチワークスに劇団員が2名増えました。

本公演や四国劇王で座組みに役者として関わってくれた、宮本佳苗さんと乾葉月さんです。


パッチワークスの2017年はこの3名でスタートしています。


2017年最初の活動は、C.T.T.松山vol.19に参加します。

2015年に上演した「Λ(ラムダ)」と新演出・新キャストで大きく生まれ変わった、

「Re:Λ(リファインラムダ)」という作品で臨みます。


f:id:patch-works-mk:20170201181530j:plain


ガンダムに例えるとZガンダムリ・ガズィリゼル位違います。

もうものすごい違いです。大好きです、リ・ガズィ


僕はいっつも本番が近づくと口癖が「こえーちょーこえー」になります。

どんどん完成度の高くなる、テンションがあがる稽古場を見ながらこんなに好きなのに

これがどう見えるんだろうという不安から怖さがよく口に出るようになります。


今回の口癖は「すげー、ちょーすげー」です。

もどかしくて楽しくて悩んで頭がふにゃふにゃするような座組み一人ひとりの試行錯誤が

いっぱいいっぱい詰まっている時間を過ごせています。

怖がるより先に一歩でも一個でも試行錯誤しなきゃ振り落とされそうなドライブ感が稽古場にあります。

めっちゃ必死です、いろんなもの総動員で楽しみながら当事者でいたいと思う場所です。

すげー、ちょーすげー。


見てほしいです。


チケットのご予約・お取り置き、承ります!

メッセージ、コメント、個人LINE、案内させていただくと思います、

ぜひご都合がよろしければぜひ!よろしくお願いいたします!


【C.T.T.松山概要】

f:id:patch-works-mk:20170201181558j:plain

f:id:patch-works-mk:20170201181611j:plain

(日時)2017/2/4(土)18:30〜 2/5(日)13:30〜

※開場は開演の30分前です。※各作品は30分以内。

※終演後、合評会(参加自由)と投票を行います。


(場所)シアターねこ(愛媛県松山市緑町1-2-1 和光会館内)

※駐車場はございません。お近くの有料駐車場をご利用下さい。


チケット(上演協力金):一般1000円/高校生以下500円


【Re:Λあらすじ】

「私」は依存した、もたれかかれるものになんでももたれかかった。

「私」は依存した、依存される私に依存した。


一人で立てない「私」と自分の重さを感じられない「私」は安っぽいBLのように言葉と役割を求め合う。


「私」は知りたい。


なぜそうあるのか、かくあるのか、どんな気持ちなのか。

どんな気持ちでならそこにいていいのか。

「私」はここで言葉と役割を重ね合う。


これは半径5mの「私」たちと直径12.742kmの「どこか」の話。


【Re:Λ役者・スタッフ】


演出:宮本佳苗

作:村山公一


生部喜子/乾葉月/木邨明恵/成田彩貴/林幸恵/渡部愛永

中川遥(演出助手)/村山公一(制作・音響)