パッチワークス活動記録 | 愛媛劇団

愛媛県松山市を中心に演劇活動する劇団です。2017.9.カブフェス、2017.10.県外上演。

今週末5/13.14のCTTセレクションに参加します。

f:id:patch-works-mk:20170510125514j:plain


こんにちは、パッチワークスの村山です。


いよいよ今月にある2つの舞台の本番が迫ってきています。

この2つの舞台において僕は「やらずにはいられないこと」、「やりたくてしかたないこと」をそれぞれやらせてもらっています。


まず今週末のC.T.T.セレクション、「O(オミクロン)」という作品で参加します。

今回この作品は自分にとって「やらずにはいられないこと」です。


僕にとっての舞台=世界そのもので、それは4間×4間(720cm×720cm)でありながら立つ人、見る人、作る人、の数だけいろんなものを見せてもらってきました。

泣いたり、笑ったり、感銘を受けたり、驚いたり、時に怒りを感じたり、共感したり、それはもうたくさんのものをもらい、内側から呼び起こしてもらってきました。


今回役者として、台詞がある役としてははじめて舞台に立ちます。


正直、こんなに怖い場所だと思いませんでした。想像以上でした。

それでも「今」C.T.T.だからこそ「やらずにはいられない」ことで臨みたいと思います。


「O(オミクロン)」は最小の意味であり、origin(原点)の頭文字からとっています。


共演の木邨明恵さんと稽古場でいろんなことを話しています。


木邨さんからたくさんの言葉をもらいました。

その中の一つは今まで「うまく伝えられない」のに「わかってほしい」と思ってしまう自分の甘えに気付かされ、それに向かい合うきっかけをくれたものがありました。


木邨さんの聴く力、人に向き合う力、その誠実さ、生きることに真摯なこと、それに助けられてCTTセレクションに挑められています。


今週末、5/13・14 シアターねこであります。


たくさんの声と言葉を待っています。

よろしくお願いいたします。


パッチワークス 村山公一