パッチワークス活動記録 | 愛媛劇団

愛媛県松山市を中心に演劇活動する劇団です。2017.9.カブフェス、2017.10.県外上演。

パッチワークス、カブフェス2017に参加させていただきました。ありがとうございました。

パッチワークス、カブフェス2017に参加させていただきました。ありがとうございました。


こんにちは、パッチワークスの村山です。


先週9月9日・10日、香川県高松市玉藻公園内披雲閣にて行われた「マエカブ演劇フェスティバル」(カブフェス2017)

に参加させていただきました。


f:id:patch-works-mk:20170911175506j:plain


f:id:patch-works-mk:20170911180321j:plain

 

ご来場いただいたお客様、パッチワークスをご覧頂いた方々、参加をご了承いただき、かつ様々な点でサポートしていただいた

株式劇団マエカブの皆様、運営スタッフの皆様、様々な話をしてくれ、聞いてくれた他劇団の皆様、そして同じ座組みで創作した、

木邨明恵さん、上松知史さん、宮本佳苗さん、関わってくれたみんな、本当にいい時間、代えがたい時間をもらいました。


本当にありがとうございました!!!!


はじめて上演側として参加した、カブフェス。

楽しむこと楽しませること、運営・上演・観客がそれぞれの立場が溶け合った、1日それそのものが一つの演目のような時間と空間にいさせてもらえた気がします。居心地のいい、あっという間の時間でした。


その居心地の良さを作ってくれた、その空間への没入感をより深めてくれた諸所の心遣い、自分のところだけではなく他のところも見てもらいたくなる、出来ればもっとたくさん見て欲しくなる、「(楽しいと自分たちが信じている)演劇というものをもっと楽しんでください」という気持ちで満ちた場所・空間でした。


その一部になれたことが嬉しいです。


そして今回「P(ロー)」では最後まで粘り強く僕に付き合ってくれた上松さん、台本を読んで読んでさらにもっと読んで何度も何度も話し合った宮本さん、同じシーンに対し一緒に悩み続けてくれ、そして披雲閣1回目の後、お互いの演出や修正点について話し合いをしてくれた木邨さん、この3人との稽古の時間は楽しさ苦しさもどかしさに達成感いろんな感情の詰まった時間でした。


もう一本の「Q(クー)」、作演出の木邨さん。台本を読む楽しさを教えてくれました。

こうまで台本は読めば読むほど違ったものが見えて楽しいんだということを頭ではなく心で納得させてもらえた気がします。


上松さんは10/28・29にcoup companyさまの公演、宮本さんは演出、木邨さんは役者として蛸蔵ラボに参加とそれぞれ次に向かっています。僕はカブフェスでこの3人がすごい好きですごい見て欲しいという気持ちがありました。


この3人をぜひこれからも見てくれたら僕がめちゃくちゃ嬉しいです。


そしてパッチワークスもここでもらったたくさんのいい時間を元に次に向けて創作します。

よろしくお願いします。本当にありがとうございました。


パッチワークス主宰

村山公一